スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に役立つの?

2010/07/19 Mon

社内公用語を英語に変えちゃった会社の話をちらほら聞きますが、あれって意味なさげ・・・・。

英語に触れる機会が増えるという意味でボキャブラリーぐらいは増えるかな?・・とは思いますが。

在米生活○○年の家主・・英語に囲まれて暮らしていながら、今でも英語は大嫌いです。

これだけ長くいるとさすがに英語で困る場面に遭遇する事は無くなりましたが,会話ってあくまでも相手がいて成立するもの。これってかなり重要なファクターです。

実際、日本人同士がお互いにネイティブではない英語で会話をした場合、これがどんなにむちゃくちゃな英語でも、日本人が喋っている英語は日本人にはわかるものなんです。つまり、会話が成立しちゃうんです。会話が成立する事により,英語が喋れている気分は味わえますが、間違いに気がつけないこともしばしば。

これは単に発音の問題だけではなく、伝えようとする時に選択する単語の種類や文法上の並べ方に起因するものだと思います。

また、同じ英語圏でもその歴史や文化の違いにより、同じ内容の文章でも使う単語が異なりますし、文法すら変わってくる事もあります。

駐在のおじさま達によくみられるのが、軽い日本のジョークを直訳して大きく滑っちゃう場面。ジョークって文化を共有していないと笑えません。全世界で共有できるジョークって以外と少ないんですよ。

つまり言葉って文化であり、その文化を持って(経験して)いない異文化人が使えるものではないということだと思います。

書面上等に記載する言葉では、これらの地域差を出来るだけ排除し、より多くの相手に正しく理解してもらえるように整えた言葉を使う為,同じ英語化を進めるのであれば、文章を英語化する方がよっぽど使えるのではないかな。

但し、書き言葉はあくまでも書き言葉・・・。会話力にはあまり役立ちません。

これは日本語にも言える事、メールの普及で話し言葉が書き言葉の位置を脅かしていますが、書き言葉と話し言葉の間にはれっきとした境がありますよね。

会社のグローバル化の一環として英語化って考え方もわかんない訳ではないけど、きれいな日本語、正しい日本語ですら忘れようとしている昨今・・・まずは日本語を!が最初なのではないのでしょうか?

思考を司るのが言語・・・。中途半端なバイリンガルの負の部分だけを助長するだけの結果にならなければよいのですが。☀
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

ホンダの社長はこう言っておられます。
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2010072000930

誰かは「言葉は経済の為にあるわけではない」って言ってたな。

Re: cyucyu

ネイティブが完成されていないバイリンガルほど悲しいものはないぞお。言語はアイデンティティにも繋がります。
家主

Bow

Author:Bow
気まぐれボード。
在米生活○○年。。。きっとこのままひっそりと果ててしまう予感。
引っ越しに伴い、在宅ワークに切り替わったことを良いことに、現在、犬猫、ネットと共に「ほぼ」引きこもり生活中。

今更取り立てて書くこともないけど、足跡が一つくらいあっても良いかな?

ランキングエントリー中


↑↑クリックしてね♪↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事とコメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。