スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぐや姫ツアー

2009/07/21 Tue

7/20はNASAが月面着陸に成功して40周年だそうです。

アメリカでは、新たにデジタル処理をしたいろんな映像が発表されています。

アポロ40周年記念ページ
40周年に備えた準備中にオリジナルの月面着陸映像が無くなっていることが発覚したりとなにかとお間抜け話もちらほら聞こえてきますが、何よりもアンチ月面着陸派との論争がヒートアップしていて面白いです。

アンチ派は月面着陸は作り話だと主張しています。この論争は、月面着陸成功後からずーっと続いている論争ですが、まだまだ熱く語る人が多くて楽しめます。NASAが発表した様々な映像の中からいろんなつっこみ所を探しては作り話だ!とやる訳です。その論争の中には、素人の家主が見ても「なるほどぉ~」と思えるものも確かにたくさんあります。

最近、アンチ派の第一人者とも言われている人(著作なんかもある)の話が聞こえてきました。

打ち上げから帰還までの間、パイロット達はどうしていたのか?という質問に。。。

「ロケット打ち上げ後、視界から消える所まで上がったら、宇宙空間に待機していた別のロケットと合流して、乗組員を吸収して、帰還日時に合わせて地上に降ろした」

という、トンデモ本並の論法を大まじめに展開していて大笑いしました。

それって宇宙ステーション?
待機していたロケットってどこから打ち上げたの?
誰にもばれずに??


それでなくとも当時は、深刻な米ソ冷戦の真っ最中。
宇宙技術においてはソ連の一歩有利な状況で、アメリカの行動を逐一監視しているような時代で、こっそり別のロケットなど飛ばせるはずもありません。しかも、やっと有人飛行が実現しつつあった時代に、宇宙で何人ものクルーが待機???広大無限な宇宙で2台のロケットが待ち合わせ??

それって・・・つい最近に現実化された技術でしょう。。。。

まだ、空のロケットを飛ばして、クルーは地上のセットで映像を撮影していたというほうが現実味があるような。。。

あの有名な着陸映像を撮影した場所にエリア51(UFO話で有名な場所ですよね)が噂されていますが、あのアポロ計画に関わったであろう人数を考えると、この40年間、ねつ造映像撮影に関しての証言者がでてこないはずがない。エリア51が有名になったきっかけとなった、宇宙人捕獲事件でさえ、映像関係者や解剖に従事したという医療関係者、軍関係者など沢山の人の証言がリークされているというのに。(証言者が本物か否かは別としてね)

まがりなりにもロケットを打ち上げるプロジェクトでは、宇宙人事件とは比べものにならないくらいの関係者が必要なはず。ロケットの打ち上げ自体は、実際にあったわけですし。

当時の米ソの状況を考えると、先に有人飛行を成功させたソ連が、アメリカが月着陸を成功後に同じ月着陸を試みないという保証は無いわけです。どちらかというと、続いて決行するであろうという方が自然な予測でしょう。軍事力に直結する宇宙技術を競っていた両大国。アメリカが月着陸大成功!と称した後で、ソ連がウソだ!って証明しちゃったら、それこそ大変なことに。。。。そんなリスクは取れないでしょう。何故、アメリカの成功後にソ連が行かなかったのかは不思議に思っていますが。

家主は、月着陸は実際にあったのでしょう派です。
NASAのケネディスペースセンターにある博物館に行くと、このアポロ計画の歴史をみることができます。成功に至るまでの失敗の数々や、機材の展示など、アメリカの執念をひしひしと感じることができます。あれだけのものをねつ造するのは、月に着陸するより難しいのでは??

アンチ派の言い分にはいろいろあり、長くなるのでここでは触れませんが、気になる方はググってみると面白いです。アンチ派の中には、月着陸そのものは否定しないが、ある意図を持って実行したという派もいます。家主はこの派の言い分が最もお気に入りなのですが、またそれは今度機会があれば。。。

最後になりますが、NASAとの協力でグーグルアースに実装された月着陸ツアーを紹介しておきます。

グーグルアース


ちょっぴり重いグーグルアースですが、興味がある人はぜひダウンロードして見てください。グーグルアースを起動して、ツールバーから「月」を選ぶと、かぐや姫ツアーを楽しめます。ここまでやって、作り話はないだろぉ~と思えること請け合いです。���

スポンサーサイト

コメント

Secret

捏造派をでっちあげている誰かがいるに違いない。
きっと、ユダヤ人の陰謀だ。

Re: タイトルなし

そっちにまで話を広げますか?w
家主

Bow

Author:Bow
気まぐれボード。
在米生活○○年。。。きっとこのままひっそりと果ててしまう予感。
引っ越しに伴い、在宅ワークに切り替わったことを良いことに、現在、犬猫、ネットと共に「ほぼ」引きこもり生活中。

今更取り立てて書くこともないけど、足跡が一つくらいあっても良いかな?

ランキングエントリー中


↑↑クリックしてね♪↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事とコメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。