スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はだしのゲン

2009/07/26 Sun

「はだしのゲン」全巻の英訳本が完成したそうです。

漫画「はだしのゲン」英訳本完成 全米の子どもに「読んで」


アニメや漫画といえば日本が誇る?文化ですが、この漫画は子供には向いていないような。。。内容はともかく、かなりグロイ漫画ですよね、これって。。。子供時代の家主も読んだ後にしばらく悪夢に悩まされた記憶があります。

唯一の被爆国である日本、その体験と悲惨さは語り継いでいかないといけないものだと思いますが、もうちょっと子供向けになんとかならなかったのかなぁ。これは嫌悪感の方が先になっちゃいそう。その前に親が見せないのでは。。。という気がします。血がドバーーーッと出たり、死体がゴロゴロっていうのはNGだからなぁ。

こちらに住んでいると、当然ながらアメリカ側の視点から第二次世界大戦を見ることになります。ちょっと驚いたのが、多くの人がこの戦争を終結させるために「やむを得ず」原爆投下を実行したと理解していることです。

極端な意見では、原爆投下のおかげで本土決戦にならなかったから、その結果日本は救われたんだぞーという意見まであります。フザケルナ!。。。って思わず言いそうになりましたが。

半世紀以上が経過した現在、アメリカ側も原爆投下はなにがあっても強行していたことを認めていますが、自国のこと以外にはあまり感心がない一般庶民には、当時流れたプロパガンダを今でも信じてる人が多いです。

当然アメリカでも、自国が不利になる歴史についてはさらりと流す程度しか教えませんし、逆からの視点なんて話題にもなりません。(歴史を自虐で教える日本よりも自然ではありますが。。。)

原爆に関しては、日本の被害者意識だけではなく、その悲惨で悲しかった体験を世界へ発信することは日本の義務だと思います。日本の若者でも、その事実は知っていても実態がどうであったかを知らない人が多いのは悲しいことですね。人体実験に近い爆撃を、戦争という大義名分の元で実行してしまったアメリカにも、その経験を間違った方向へ発展させないことを祈ります。

そういえば、公共放送サービス(Public Broadcasting Service、略称:PBS)が作成した「The War」という第二次世界大戦の記録があります。アメリカからみたヨーロッパ戦線、太平洋戦線の記録ビデオですが、比較的客観的な構成で見応えがあります。(DVDで6枚ですので、かなりな量があります。)特に、日本には関係がなかったヨーロッパ戦線のビデオは、なかなか日本では見ることができないのでお勧めです。���

スポンサーサイト

コメント

Secret

小学生の頃に見た時はマジでショッキングでした。
他にも戦争映画で「ふたりのイーダ」なんかも怖かった記憶があります。
悲しみと恐怖。
どちらも戦争に対するアンチテーゼとして有効ですが、悲しみよりも怖さが先に立つ映画ばかりだったような。
もちろん、当時は感情としてより複雑な要素が絡む「悲しみ」というものが分からなかった可能性は大いにありますが。

わからなかった人のために。。

アンチテーゼ : 最初の命題の反対の命題で、直接的に対照をなすもの。反対の設定の中で、おのおのは表現の明確な対照によって、意味(定義、解釈、意味論など)の対照も引き出す。語源はギリシャ語の ἀντί(対する)+ θέσις(位置)。
(ウィキペディア調べ)

Re: かじぃ

三つ子の魂百まで。。でしょうか

Re: MaK

お勉強になるねぇ。w

わからなかった人のために。。2

三つ子の魂百まで : 幼い頃の性質は一生変わらないこと。(ウィクショナリー調べ)

Re: Mak

この場合は、幼い頃の体験はキョーレツだということだね。性質とはちょっとちゃうかも。

「原体験」と言うのだよ。そういうものは。

小学生の頃、わざわざ広島まで原爆の被爆者に話しを
聞きに行った事があります。
とにかく怖かった記憶が。
はだしのゲンもふたりのイーダも近所の幼稚園で
夏休み特別上映会とかで無料で見たな…
今でも、広島は怖いってイメージのが強いです。
トラウマですなw

TO:Mak

虎馬だってさ。
論語にこんな話がある。
師、曰く「心身に傷を負いし者、其の過ぎたる痛みに悶え苦しむ様、虎に襲わるる馬の如し」
この故事にならって出来た言葉だよ。

Re: TO:Mak

さあ、悩もう!

Re: cyucyu

そーなんよね、「怖い」って気持ちも大事だけど、怖いに全部がかき消されてしまうのもなんだかなぁって思っちゃう。
家主

Bow

Author:Bow
気まぐれボード。
在米生活○○年。。。きっとこのままひっそりと果ててしまう予感。
引っ越しに伴い、在宅ワークに切り替わったことを良いことに、現在、犬猫、ネットと共に「ほぼ」引きこもり生活中。

今更取り立てて書くこともないけど、足跡が一つくらいあっても良いかな?

ランキングエントリー中


↑↑クリックしてね♪↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事とコメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。