スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛♡ペット

2010/07/06 Tue

人間様は苦手な家主ですが、生き物は大好きです。

今までに飼っていたペットも数知れず・・・。



金魚
熱帯魚
カブトムシ
りす
イグアナ
フェレット


etc etc

多種多様な生き物達と暮らしてきました。

先日、NHKだったかなあ。。どこかの局の早朝(日本時間)番組で、ペットの火葬業者が預かったペットの死体を山の中に遺棄していた事件の特集をやっていました。山の中にビニール袋に詰められたたくさんのペット達。我が家の老猫もお迎えが近いお年頃。いかにペットとはいえ、うちの子達がこういう風に扱われると悲しいだろうなぁと見ていました。

なんでも法律上ペットはモノ扱いで、この業者の罪状は詐欺罪とゴミの不法投棄になるとのこと。

それを聞いた何人かのコメンテータが怒り爆発のご様子。

「家族同様にかわいがられてきたペットがモノ扱い?ゴミと一緒?」
「残された家族の気持ちが・・・云々」

どうやらペットを人間に次ぐ存在として特別視しないことが許せないらしく、人間並みの規制を!!などとコメントしてるし。

いやいや ちょっとまってよ。

怒るポイントがちょっとずれていませんか?
それってシーシェパードの言い分と同じじゃね?

法規制内では、ペット業者は小売業者であり、葬儀屋も火葬業者も普通のビジネス。人体を取り扱う葬儀屋も火葬業者とは一線を画すのは当然でしょう。お魚だって、昆虫だって、は虫類だってペットとしてかわいがっている人はたくさんいます。どこまでが人並みのペットなんでしょうか?

飼い主からしてみれば、ペットは一緒に時間を過ごしてきた分身のような存在。当然、擬人化して感情が高ぶるのはわかります。死体を遺棄した業者に対して怒り狂うのもわかります。今はペットのお葬式やお墓なんかもりっぱなビジネスになっているくらいペットを愛しちゃってるご時世。家主も我が家のペット達は目の中に入れちゃいたいくらいメロメロに愛しちゃっています。

が・・・・あくまでも個人的感情の範囲内です。

仮にうちの子達がこのような業者の被害にあってたとしても、やっぱりそれはだましだまされたの詐欺被害。一緒に怒ってくれるコメンテータ達に感謝はできるものの、同意は出来ません。

一歩譲ってモノ扱いではなく、まあ家畜扱いぐらいだったらわからないでもないけど、どおして人並み???

すべてのペットにペット権をなんて言い出しそうな勢いで、こうやって過激すぎる動物保護団体が発生するのかなぁなんて思っちゃいました。

なんかもうちょっと問題提起ができるとか、考えさせてくれるとか、深い意見が言える方々はいなかったのかなあ。

政治家もそうだけど、公の電波に登場する方々にぴりっとした人が減ってません?☀
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

自分で火葬場まで行けばよいのですよ。
ペットを埋葬してくれる墓地に自分で持って行けばいいのですよ。
ちょっと高額なお金を払ったとしても、自分の目で見届ければ納得出来るはず。
田舎の人は庭に埋めればいいのでは。
高齢でなかなか動けない人は困るか…
家主

Bow

Author:Bow
気まぐれボード。
在米生活○○年。。。きっとこのままひっそりと果ててしまう予感。
引っ越しに伴い、在宅ワークに切り替わったことを良いことに、現在、犬猫、ネットと共に「ほぼ」引きこもり生活中。

今更取り立てて書くこともないけど、足跡が一つくらいあっても良いかな?

ランキングエントリー中


↑↑クリックしてね♪↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
blogram投票ボタン
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事とコメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

訪問者
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。